×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シミとり レーザー

【シミとり/レーザー】レーザー治療のメリット・デメリット!

シミとり レーザー

紫外線によるシミ、ホルモンの影響で出来るシミ、遺伝によるシミ(そばかす)、肌の擦りすぎによるシミ、炎症を起こしたあとのシミなど、シミ・くすみ・ソバカスの原因と種類は様々。レーザーや光治療機で、自然な形で除去できます。シミの種類は老人性色素斑(シミ)加齢・紫外線の影響でできる茶色い色素斑。だいたいのシミはこのタイプ。初めは薄い茶色が、だんだん濃くはっきりしてくる。年数が経つと隆起してくることもある。雀卵斑(ソバカス)は遺伝的に発生することが多い。鼻を中心にできる小さい色素斑。 濃くなる場合もある。肝班(かんぱん)は頬の高い位置に左右対称で出来る。地図のような形状が特徴。 女性ホルモンの乱れが原因と言われる。色素沈着はニキビ跡や傷跡の炎症が原因で茶色くシミになったもの。数年で消えることが多い。しかし、紫外線で濃くなる場合もある。ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)はぼんやりとした形で、色はグレーから青味を帯びた色素斑。老人性色素斑(シミ)と違い両側の頬上部に左右対称に発生。他のシミや肝斑と混ざり判別しにくい。

リンク集|123

Copyright © 2009 【シミとり/レーザー】レーザー治療のメリット・デメリット! All Rights Reserved.